気の向くままに書いてみる。

長文記事記録用。不定期更新あしからずm(__)m

キッチンカウンターDIY ー天板編ー

ここ2週間弱、謎の全身の蕁麻疹にやられていたぶちこです。

始めは足にポツポツと出てきて、産後で体質も変わって疲れていたし

すぐ消えたので様子を見ていたら

1週間後からは毎日、特に寝る前に毎日出るようになりました。

さすがにヤバイと思って皮膚科に受診。

免疫のバランスが崩れるのが多くなって自分では立て直せなくて

蕁麻疹でているのではないか、そして2週間も続いているので

慢性蕁麻疹の可能性があるとお薬を処方してもらい数日経ちました。

薬を飲んで次の日からでなくなりました。一安心。

若いときは気合でなんとなっていたものも、30歳過ぎてからというもの

そんなわけにもいかず病院通いが多くなった私。笑

 

そう、もう一つショックなことがあったのです。

先日コンタクトをもらいに眼科へ受診ししばらく診察してなかったので

診察もしていただいたところ、視神経が薄くなっているところがあると。

 

私「薄くなっていると何が問題なのですか?」

Dr「緑内障が考えられます。」

 

ス¨カ¨━━━━(´゚д゚`;)━━━━ン!!!!

 

緑内障ってもう少しっていうかだいぶ後になるものではないのか。。

調べてみると近年スマホやPCなどを長い時間見たりして

目に負担がかかることで、30代からも緑内障が増えているらしい。

 

視野検査をしてみないと何とも言えないとのことなので

来月視野検査をする予定。

 

私の場合は完全に寝る前の暗闇でのスマホの見すぎと思う。

反省。そして自業自得。

視野検査は初めてではないのだな。飛蚊症もあるから。笑 

 

そんなこんなで私は30代だが体は40代越え。

ちなみにこのたびの出産前の血管年齢は40歳。

 

 

と、前置きはそのぐらいにして今日はDIY本編。

 

天板の作り方

 

基本的にはカラーボックス2つの上に天板を乗せるだけです。

天板も一枚板を使用すればすぐにできますがいいものを使おうと思えば

ちょっと値が張ります。

 

 

というわけで私の場合は安価に手に入るSPF材の1×4を4本

ダボつなぎをして一枚板にしてやろうという作戦でいきました。

 

makit.jp

 こちらのサイトを参考にさせていただきいざ実践。

ツーバイフォー定規を使用して25㎝感覚でしるしをつけ

 

こちらでダボ穴を開けます。

そのあけたダボ穴にダボマーカーを入れてつなげるもう一つの木材と

ドッキング。小さいしるしがつくのでそこをまたダボ錐で穴をあける。

ここで大事なのがダボ穴をあけるときに垂直にあけるってことですが

私はなんとかいけるべ!ということでハンズフリーであけましたが

案の定斜めになりました。笑

 

ダボ穴と木材が合体する部分にボンドを塗って木ダボを挿入。

木ダボって結構きつきつなんだね。

金槌でとんとんしながらなんとか入れました。

そしていざダボつなぎ!!

 

はーい、つながらない 笑

 

右端を入れてみると 左端が外れてしまう。

完全に木の歪みのせいです。

なので初めの木材選びは大事なのです。

そこで私は無理矢理にハタガネで圧をかけて接着しました。

なんとかできたものの、若干の隙間(^O^)

まぁ、別に誰かにあげるものでもないし、自分で使うだけだから

そのぐらい気にしない気にしない♪♪

 

娘のお昼寝の時間を見計らってやったので

続けてやることもできず、このダボつなぎで何日かかったことか…。

木材の反りも、とりあえず重たいものを上に乗せて修正…。

完全にど素人のやり方です。笑

 

このたび分かったことはダボつなぎは初心者にはだいぶ難しい!

それでも負けじとこれから棚を付けるのに近々もう一度挑戦予定。

今度は短めの木材をダボつなぎするので、天板よりはちゃんとできるはず。

 

やっとの塗装

 

というわけでやっと塗装する日が来たのです。

塗装の前には完成した天板をやすりがけ!

320番の紙やすりで地道に頑張りました。

電動サンダーがほしいとつくづく思いました。

今はDIY用にお手軽な電動機器が売っているものね~。

お金の余裕ができたらそろえたいなぁ。

 

塗装は有名どころシンワの水性ウレタンニス 。

色はお決まりのウォールナットを使用しました。


ニスを塗り乾かし今度は400番のヤスリでヤスリがけ。それを2回!

もっと繰り返すとツルツルになるようですが私は2回にしました。


そんなこんなでやっと天板完成!!

長かった、いやー長かった。

でも頑張ればなんとかできることがわかったので

また機会があれば積極的にダボ使っていこう。笑笑



次回は組み立て編です。